無垢材テーブルや家具のお手入れはオレンジオイルとみつろうクリームだけで簡単にできる

無垢材テーブルのお手入れはオレンジオイルとみつろうクリームだけで簡単に

当記事では無垢材家具の簡単なお手入れ方法を紹介します。

ブログの写真の背景(茶色)として登場頻度の高い我が家の無垢材のダイニングテーブル。

結婚当初、一番最初に手に入れた家具で子供たちが生まれた後も家族の成長を見守ってくれる思い出深い品です。

そんな大切なテーブルですが、残念ながらズボラ人間なので難しいお手入れは絶対続かないしやる気が起きません…

でもそんな私にもできる簡単なお手入れ方法がありました!

メインで使うものは「ハワードオレンジオイル」と「木工用みつろうクリーム」だけ。

無垢材家具だけでなく、子供の木製おもちゃ、楽器、野球のバットなど多用途で使えるアイテムです。

マチ子

お手入れ方法を写真と一緒に紹介するのでご参考ください

無垢材家具のお手入れに必要なもの

用意するのはこの4点です。

布はいらなくなったタオルや布巾、洋服の切れ端などなんでもOK。

手にはめて使えるので使い古しの靴下があれば最高です。

無垢材家具のお手入れ方法は?

実際にお手入れをしてみましょう。

オイルを乾かすための時間がいるので2日に分けてメンテナンスしていきます。

ハワードのオレンジオイル

まず使うのがハワードのオレンジオイルです。

以下の役目があります。

  • 表面の汚れを拭き取る
  • ツヤを出す

オレンジオイルとは、その名の通り天然のオレンジから抽出されたオイルで、香りも爽やかなオレンジの良い香り。

テーブルに使うので天然成分だと安心ですね。

オレンジオイルの成分には汚れを取り除く効果があるため、木材の表面を傷めることなく汚れを落とすことができます。

また、粘度が比較的低いため浸透しやすく、乾燥を防ぐ効果もあります。

ハワードのオレンジオイルはクリーナーの用途もあるので汚れが気になったとき、さっと使えて便利なんです。

オレンジオイルで磨こう!

f:id:mamagohan:20180810173651j:plain

①オレンジオイルをよく振り、いらない布に大さじ1程度染み込ませる。(テーブルの上に直接垂らしてのばしていくのもあり。)

満遍なく噴射できるスプレータイプも便利です。▼

木目に沿ってオイルを塗り込む。

汚れている部分は力強くゴシゴシ磨く!

冷暖房の風が当たるとオイルが乾いてしまうので、なるべく素早く塗り込むのがポイントです。

③オイルを塗り終わったら、布の乾いた部分で塗りムラを拭き取る。

④仕上げに、キッチンペーパーで一面を拭き取る。

オイルの拭き残しはベタつきの原因になるのでしっかり丁寧に拭き上げます。

注意
オイルが付着した布は水に浸した後、袋に入れて処分してください。オイルが染み込んだ布は乾燥中に熱を持ち、自然発火する恐れがあります。

⑤このまま24時間放置してオイルを乾かす。

マチ子

1日放置が望ましいですが、テーブルだとそうもいかないので、なるべく物を置かないように過ごします。

木工用みつろうクリーム

オイルが乾いた翌日は木工用みつろうクリームコーティングします。

以下の効果があります。

  • 汚れや水気から保護する

木工用みつろうクリームは、木・革・竹などの材料を保護するために開発されたワックスです。

原材料には国産天然油(菜種油、亜麻仁油、蜜蝋、椿油、ヒバ油)が使用されているので、小さな子供のいる家庭でも安心して使えます。

塗ることで撥水効果が持続します。

香りはちょっとクセがあるので、あまり良いにおいとはいえませんね。

でもお手入れ後、数時間も経てば独特のにおいは気にならなくなるのでご安心ください。

フローリングや無垢材家具などの木工製品から革製品(靴、鞄、グローブ、スパイクなど)のお手入れにも使える万能選手!

オレンジオイルと合わせて一家に1缶あって損はないです。

翌日のお手入れスタート!

①いらない布にみつろうクリームを取り、木目に沿ってしっかり塗り込む。

みつろうクリームが一箇所に固まらないように薄く伸ばすイメージで塗り広げます。

②塗り終えたら10分ほど放置して馴染ませる。

③仕上げにキッチンペーパーでワックスの残りを拭き取る。

これで、お手入れ終了です。

マチ子

文字にすると長く感じますが、意外と簡単です。慣れるとさらに素早く作業できますよ。

水と汚れをばっちり弾くよ!

お手入れ後は写真のように撥水されているのがわかります。

オイルだけだと撥水効果は弱いのでオイルとワックスのダブル使いが有効です!

お手入れ後のビフォーアフター

お手入れ後のビフォーアフターを画像で見てみましょう。

ビフォー

アフター

お手入れ前とお手入れ後の写真を見比べると…写真ではちょっと、わかりづらいですね。

でも、実際は一目瞭然!!

木の色が深くなり、ツヤツヤしっとり、綺麗になっています。

放置して乾かす時間を入れない作業時間は15分ほどでした。

上記のメンテナンスを月1〜2回程度することが望ましいです。

MEMO

メンテナンスが終わった無垢材家具は基本的には水拭きしないように使用します。

水拭きするとせっかくのコーティングが取れてしまうので、汚れが気になる場合はクリーナーでもあるオレンジオイルで磨いて落としましょう。

背もたれのデザインが好きな椅子も無垢材なのでついでにお手入れしました。

娘の木製おままごと道具もついでに。

ついで、ついででメンテナンスしてあげると面倒なお手入れも一気に片付いて気持ち良いです。

無垢材家具の傷や油染みをもっと綺麗にしたいときは?

無垢材の傷や油染みを綺麗にする場合はサンドペーパーで研磨する必要があります。

研磨した後はオイルを塗り、ワックスを塗って上記と同様の工程で仕上げます。

手が痛くならないグリップ付き

サンドペーパーを使うと、どうしても木屑が出てしまうので室内ではなかなか簡単にできません。

ベランダに木製品を出したり、ビニールシートを使用するといいですね。

多少の傷や染みは味としてとらえるのも良いんじゃないかなと思います。

マチ子

そう、子供が鉛筆でグリグリえぐったキズも味…

無垢材はお手入れ次第で一生使えるよ

ハワードオレンジオイル木工用みつろうクリームを使ったお手入れ方法を紹介しました。

ポイントは3つ。

  • 作業時間15分程度
  • メンテナンスは月1〜2回程度
  • オイルとワックスのダブル遣いで効果UP

お手入れが難しいイメージの無垢材ですが、実はそれほど難しいことをしなくても大丈夫でした。

お手入れする日は定期的にこの日!と決めなくても、なんか乾燥しているなーと感じたら取り掛かればOK。

人間のお肌と一緒で木も保湿が大事なんですね〜…

無垢材製品はきちんとメンテナンスしてあげれば一生使ってあげることも可能です。

どうぞ気軽にお手入れしてみてくださいね。

森林工芸館の雛人形|コンパクトでかわいい木製お雛様 森林工芸館の雛人形|コンパクトでかわいい木製お雛様 毎日のかき混ぜ不要で簡単!無印良品発酵ぬかどこで手作りぬか漬けライフ 毎日のかき混ぜ不要で簡単!無印良品発酵ぬかどこで手作りぬか漬けライフ 基本調味料おすすめ15選|一覧表リスト活用で料理がもっと美味しくランクアップ! 基本調味料おすすめ14選|国産・無添加を選んで美味しく健康に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA