【離乳食・幼児食】卵不使用!ひじき入りあんかけ豆腐ハンバーグレシピ

こんにちは、まち子(@mamimumex02)です。

いつものハンバーグにひじきと豆腐を入れるだけで栄養価UP!

生姜がふわっと香る大人も子どもも美味しく食べられるひじき入りあんかけ豆腐ハンバーグのレシピです。

まち子

あんかけにするとぱさぱさ感が抑えられます。

ひじきにはどんな栄養があるの?

ひじきに含まれる栄養は…

  • カルシウムが牛乳の12倍
  • 食物繊維がごぼうの7倍
  • マグネシウムがアーモンドの2倍

健康と美容に良いひじきは離乳食・幼児食でも積極的に取り入れたい食材であるといえます。

まち子

ひじきといえば鉄分のイメージ!

昔はひじきを茹でる際、鉄釜を利用していたため鉄分が多く検出されました。つまり、ひじきの鉄分の多さは、加工する釜由来のもの。

ひじき自体に鉄分が多いということではないというのが近年の常識です。

あんかけ豆腐ハンバーグの材料(8個)

  • 油…大さじ1

(肉だね)

  • 油…大さじ1
  • 鶏ひき肉…250g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • ひじき(乾燥)…5g
  • 絹豆腐…100g
  • 塩…ひとつまみ
  • おろし生姜…1片(チューブ2cm)
  • 片栗粉…大さじ1

(あん)

  • 出し汁…200ml
  • 醤油…大さじ1/2
  • みりん…大さじ1/2
  • 水溶き片栗粉…水と片栗粉各小さじ2

あんかけ豆腐ハンバーグの作り方

①下準備として、玉ねぎをみじん切りにする。

玉ねぎを耐熱容器に入れ、隙間が出来るようにふわっとラップをかけ、600Wのレンジで1分加熱する。

粗熱が取れるまで放置。

乾燥ひじきを水で戻して水気を切る。


②ボウルに肉だねの材料を全て入れ、手で捏ねるように混ぜる。

豆腐は水切りしなくても大丈夫です。

豆腐のかたまりが小さくなるまで混ぜればOK!


③大さじ1の油をひいて、中火で熱したフライパンにスプーンで形を整えながら肉だねを置いていく。

まち子

大きさはお好みで。

④片面に焼き色が付いたら裏返して裏面を焼く。

火が通るまで蓋をして2分ほど焼く。


⑤火が通ったハンバーグをパットに取り出す。

(加熱しすぎるとぱさつきが出てしまいます。)


⑥あん作ります。ハンバーグを焼いたフライパンをそのまま使います。

あんの調味料を全て入れ、中火にかけて煮立たせる。


⑦煮たったら、弱火にして水溶き片栗粉を回し入れる。

水溶き片栗粉を入れたら中火にして、木べらなどでとろみが出るまで混ぜる。


⑧丁度良いとろみがついたらハンバーグを入れ、あんを絡めてうつわに盛って完成!

分量外のネギを乗せると色どりが良いです。


とろっと絡んだあんは幼児に大人気!おかわりまでしてくれます。

まち子

今回作った分は娘と息子が2人で全部食べきってしまいました♪

ポイント

  • 離乳食カミカミ期〜幼児食まで活用出来るレシピです。
  • 玉ねぎの他ににんじんや椎茸を刻んで入れても美味しいです。
  • 余ったひじき煮をハンバーグにリメイクすることも出来ます。

子どもたちがごはんをもりもり食べてくれるひじきのふりかけ

【離乳食・幼児食】混ぜて焼くだけ!冷めても美味しい豆腐の鶏ハンバーグレシピ 【幼児食】レンジで7分!乗せるだけ簡単包まないコーンシュウマイレシピ【幼児食】レンジで7分!乗せるだけ簡単包まないコーンシュウマイレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA