基本調味料おすすめ14選|国産・無添加を選んで美味しく健康に気遣おう!

基本調味料おすすめ15選|一覧表リスト活用で料理がもっと美味しくランクアップ!

当記事ではおすすめ基本調味料を紹介しています。

料理を食べてくれる人には、美味しくて、体にやさしい食材を食べてほしいですよね。

国産・無添加の食材が良いとは聞くけど、全て無添加で揃えると家計的にちょっと大変…

でも、調味料だけなら、1度に使う量は多くないので毎日の料理に取り入れやすいです!

離乳食・幼児食のレシピ を作る私が、実際に使って美味しかった、おすすめ基本調味料を紹介します。

家族の健康が気になる方、料理のランクアップを目指したい方はどうぞ取り入れてみてくださいね。

マチ子

同じ材料・作り方でも驚くほど美味しくなりますよ♪

基本調味料一覧表リスト

紹介しているおすすめ調味料をリストアップしました。どうぞご活用ください。

和食の基本調味料

砂糖ホクレン てんさい糖
粟国の塩
ミツカン 純米酢金封
醤油井上古式じょうゆ
味噌無添加 円熟こうじみそ

料理の幅が広がる基本調味料

料理酒タカラ 料理のための清酒
みりん味の一 味の母
鶏ガラスープのもとYOUKI ガラスープ
黒酢内堀醸造 臨醐山黒酢

油類

菜種油カネゲン 国産なたねサラダ油
米油ボーソー油脂 米油
オリーブオイルbiologicoils 有機エキストラヴァージンオリーブオイル
胡麻油九鬼 純正胡麻油こいくち
太白胡麻油九鬼 太白純正胡麻油

味や特徴については下記で詳しく紹介しています。

目次へ戻る

和食の基本調味料おすすめ5選【さしすせそ】

和食の基本「さしすせそ」の調味料を5つ紹介します。

和食の味付けの基本になる5つの調味料のこと。また、それらを使うときの順序を覚えるための語呂合わせとして「さしすせそ」の語が用いられます。

砂糖(さとう)
塩(しお)
酢(す)
醤油(せうゆ)
味噌(みそ)

ミネラル豊富!お腹にやさしい「ホクレン てんさい糖」

用途:甘み・コクを出す

煮物からお菓子作りまで大活躍の北海道産「ホクレン てんさい糖」です。

甜菜糖てんさいとうは、甜菜という大根(厳密にはほうれん草の仲間)から作られた砂糖のこと。

色は薄茶色ですが、黒糖のようなクセはなく、サトウキビ原料の砂糖と比べて、やわらかい甘みと旨みが特徴です。

甜菜糖を使うと以下のメリットがあります。▼

  1. 天然のミネラルが摂れる
  2. オリゴ糖が糖腸内環境を整える
  3. 血糖値の上昇が穏やかである
  4. 体を温める

価格は白砂糖と大差なく、得られるメリットが大きいので、これからも使い続けたいです!

目次へ戻る

沖縄の海から生まれた手間暇の結晶「粟国の塩」

用途:塩気・甘みを引き立てる・水分を出す

粟国の塩」は、沖縄のサンゴ礁の海からくみ上げられた海水を丁寧に濾し、ゆっくりと時間をかけて炊き上げた天然塩です。

釜炊き製法の天然塩は、塩本来のミネラルが豊富です。

口に含むと、じわじわ塩気が広がり、まろやかな甘みも感じられます。

素材の旨味を引き出す天然塩は、いつもの料理にはもちろん、梅干・ぬか床・味噌・醤油などの保存食作りにも適しています。

粟国の塩だけでむすんだ、おにぎりは、抜群に美味しいですよ!

目次へ戻る

酸味がやわらかい「ミツカン 純米酢 金封」

用途:まろやかな酸っぱさに仕上げる

家庭のお酢といえば、やっぱりミツカン。

国産米100%で醸造された「ミツカン 純米酢金封」はツーンとした酸味がなく、マイルドでコク深い味わいです。

元々お酢は苦手でしたが、このお酢のおかげで克服できました。

酢の物・すっぱ煮・ピクルスなどの料理にはもちろん、酢飯や餃子のタレにも使えます。

調味されていない醸造酢は、料理の仕上がりがばっちり決まります!

目次へ戻る

昔ながらの製法で醸造した「井上古式じょうゆ」

用途:和食の基本調味料

美味しい醤油は豆の香りがするんだ…!と、感動したのが「井上古式じょうゆ」です。

国産原料が使用された、昔ながらの製法で醸造された正統派薄口醤油です。

香り・風味・コクのバランスが良いので、和食に使うだけで料理全体の味がまとまります。

お刺身や冷奴に少しかけると、美味しさがダイレクトに感じられます。

井上古式じょうゆを使った「にんにく醤油」作りもおすすめ。

レシピはこちら▼

【材料】

  • 井上古式醤油…保存瓶2/3の高さまで
  • にんにく…2個

5月中旬〜6月が旬の新にんにくが適しています。

【作り方】

  1. 保存瓶を消毒する。
  2. 皮を剥いたにんにくを瓶に入れ、2/3の高さまで醤油を注ぐ。
  3. 冷蔵庫で2週間ほどで食べごろ。

にんにくがひたひたに浸かっている状態であれば、冷蔵庫でずっと保存できます。

【使い方】

唐揚げの下味、チャーハン、炒めものの味付けに。

浸かったにんにくも食べられます。スライスしてステーキと一緒にどうぞ。

風味を損なわないために冷蔵庫保存が必須です。

目次へ戻る

ずっと使いたい「無添加円熟こうじみそ」

用途:味噌汁・味噌ダレ

種類の多い味噌は、家庭や地域によって好みが分かれます。家族が美味しいと思うものを選ぶのがベストです!

我が家の定番は「無添加 円熟こうじみそ」。

こうじ本来の甘みと旨みが際立つ味噌は、味噌汁だけでなく、みそダレやクリーム系洋食の隠し味としても使えますよ。

目次へ戻る

料理の幅が広がる基本調味料おすすめ5選

さしすせその調味料以外に、毎日使っているおすすめ基本調味料を紹介します。

米だけで醸造した「料理用清酒」

用途:食材を柔らかくする・臭みを取る

市販の料理酒には、塩がたくさん含まるものがあります。(塩を添加すると酒税がかからないので大人の事情ですね…)

レシピ通り作っても、仕上がりに差が出てしまいます。

料理に使う酒は、塩の入っていない清酒が扱いやすいですよ。

「良酒専科の料理用清酒」は、原材料が国産米・米こうじ・天然水だけでとてもシンプル。

パルシステム会員になると購入できます。

Amazon・楽天にある清酒では、「タカラ 料理のための清酒」がおすすめ。

お米1合に、日本酒小さじ1~2を加えて炊くと、ツヤと甘みがUPしますよ!

目次へ戻る

煮物が輝くみりん「味の一 味の母」

用途:風味・コク・甘みづけ

「今まで使っていたみりんと違う!!」と、1番違いを顕著に感じた調味料が、みりんです。

味の一 味の母」は、日本酒のもととなる、もろみから作られた料理用醗酵調味料(みりん)です。

酒の風味と味醂のコクを併せ持ち、まろやかな甘みと旨みが特徴です。

料理本を読んでいると、煮物の「てりを出す」という表現がありますよね。

このみりんを使うまで、自分が作る煮物はてりが出ているのか、定かではありませんでした。

味の母を使った煮物は、面白いくらい「てりってり」に仕上がるので、確実なてりを実感できますよ。

みりんと醤油だけで作る照り焼きソースがまた、絶品です!

関連ポタージュに変身!レンジで5分にんじんの味醂グラッセレシピ

目次へ戻る

化学調味料無添加「YOUKI ガラスープ」

用途:中華系料理のだし

添加物がゴリゴリ入っているイメージの中華系調味料ですが、「YOUKI ガラスープ」は、化学調味料無添加のガラスープです。

お湯に溶かすと、鶏と野菜の出汁を強く感じます。

わかめと溶き卵を入れるだけで、シンプルな中華スープの出来上がり!

塩気はしっかりとありますが、溶けやすいので、塩分の調整がしやすいです。

スープ・野菜炒め・ナムルなど、オールマイティーに使えます。

関連焼肉屋さんのやみつき塩レモンキャベツレシピ

目次へ戻る

深いコクと甘み「臨醐山黒酢」

用途:甘みと酸味づけ

内堀醸造 臨醐山黒酢」は、美濃の国 八百津で造られた黒酢です。

いつもの料理に変化を加えたい時に使います。

独特のクセがありますが、米の甘みが生きた、やわらかい酸味が特徴です。

炒め物・煮物が、やわらかい酸味に仕上がります。餃子にも最高に合う!

目次へ戻る

料理用油おすすめ5選

家族の健康を気遣うなら、油選びもこだわりたいところ。おすすめ料理用油を紹介します。

希少な国産菜種から作られた「カネゲン 国産なたねサラダ油」

用途:料理全般・揚げ物

カネゲン 国産なたねサラダ油」は、稀少な国産菜種を原料とした食用油です。

安価な食用油はコストを抑えるために溶剤(薬品)が使われていることがありますが、一番搾り(低温圧搾法)でとれた、良質な未精製油のみ使用されています。

あっさりとクセがないので、和食・洋食・中華・お菓子・揚げ物、万能に使えます。

目次へ戻る

酸化に強い「ボーソー油脂 米油」

用途:料理全般・揚げ物

衣がべちゃっとした揚げ物って美味しくないですよねー…

国産米ぬか使用の「ボーソー油脂 米油」ならそんな心配は無用です。

油切れが良いので、揚げ物がからっと軽い仕上がりになります。

米油は酸化に強い性質をもつので、漉しながら繰り返し使う油として適しています。

我が家の揚げ物は、少ない米油で揚げ焼きすることが多いです。

残った油はキッチンペーパーで吸い取ってその都度処分。後片付けが楽で、胃もたれ知らずですよ!

関連卵不使用!とうもろこしと枝豆の揚げないかき揚げレシピ

目次へ戻る

世界が認めた「biologicoils 有機エキストラヴァージンオリーブオイル」

用途:料理全般

biologicoils 有機エキストラヴァージンオリーブオイル」は、さらっとした使いやすいオリーブオイルです。

少し舐めてみると、りんごのようなフルーティーな香りがします。苦味は強くありません。

パスタや炒め物、サラダにかけたり、生食したいという方におすすめです。

良質なオリーブオイルを選ぶポイントは以下の4つです。▼

  • 酸化を防ぐ遮光瓶を使っている
  • 世界規格をクリアしている(ラベルに表記あり)
  • 生産者のこだわりが感じられる(公式サイトを見る)
  • 価格が安すぎない


出典:Amazon

ヴィラブランカのオリーブオイルは、国際規格HACCP認証の厳重に品質管理されたイタリアフィレンチェの工場で生産されています。

ラベルに有機JAS認定のマークがあり、低温圧縮製法で作られている点もポイントが高いです。

目次へ戻る

胡麻の風味が食欲をそそる「九鬼 純正胡麻油こいくち」

用途:風味づけ

今までのごま油はなんだったのか!というくらい胡麻の風味が濃い「九鬼 純正胡麻油こいくち」。

熱しても香りが弱まらないので、中華・韓国料理が本格的に仕上がります。

胡麻油は、料理に使うとどうしても主張が強くなりがち。

それを活かして塩分控えめの料理に使うと物足りなさが軽減されます。

卵かけごはんに数滴たらせば、もう、ご馳走です!

目次へ戻る

お菓子作りに「九鬼 純正太白胡麻油」

手作りメープルクッキー

用途:お菓子・パン作り

なかしましほさんのレシピ本がきっかけで使い始めた「九鬼 太白純正胡麻油」。

胡麻油でありながら、色は無色透明で胡麻の香りは全くしません。

では、なぜ使うのかというと、バターを使ったお菓子よりも、さっくり・ふわふわ・あっさり仕上がるからです。

甘いものが食べたいけどバターはちょっと重いなーという日に使います。

関連ジップロックで簡単!材料3つ何度も食べたいメープルクッキーレシピ

目次へ戻る

高い調味料と安い調味料は何が違う?

おにぎり

高い調味料と安い調味料って何が違うの?買う意味あるの?

高価な調味料は買うだけの価値があるのか、気になるところですよね。

ちょっと良い調味料を使うメリットは以下の4つです。▼

  • 料理全体の味がまとまる
  • 素材の美味しさを引き立たせる
  • 調味料自体の栄養が摂れる
  • 健康に気遣える

産地・原材料へのこだわり、長い時間と人の手間が掛かった調味料は、面倒な工程を省いていないぶん、高価になります。

料理の仕上がりや健康の面で得られるメリットが大きいので、使う価値は十分あるといえます!

マチ子

1度に使う量はそれほど多くないのでコスパは悪くないですよ

離乳食・幼児食に使いたい「だしパック」

離乳食だしパックおすすめランキング|幼児食まで美味しいお出汁を厳選 【2021年版】離乳食だしパックおすすめランキング|幼児食まで使える市販のお出汁を厳選

目次へ戻る

こだわり基本調味料で料理のランクアップを目指そう!

おすすめの基本調味料を紹介しました。

同じ材料、同じ作り方でも、調味料にこだわるだけで「自分で作るごはん美味しい!」と、しみじみ感じられます。

家族の健康が気になる方や料理のランクアップを目指したい方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

無印良品発酵ぬかどこ口コミレビュー|毎日のかき混ぜ不要!簡単おいしく作れたよ 無印良品発酵ぬかどこ口コミレビュー|毎日のかき混ぜ不要で簡単おいしく作れたよ ブルックスぬか美人口コミレビュー|90分で美味しいぬか漬けができたよ ブルックスかんたんぬか美人口コミ|90分で美味しいぬか漬けができたよ