離乳食グッズ無料プレゼントキャンペーン開催中!

【2022年版】離乳食の本おすすめ10選|基本の進め方とフリージングをおさえれば難しくないよ

【2021年版】離乳食の本おすすめ10選|基本とフリージングをおさえれば難しくないよ

当記事では、離乳食のレシピ を作る私が参考にしているおすすめ離乳食本を紹介します。

スタート前は、わからないことだらけの離乳食ですが、基本の進め方をおさえれば意外と難しくありません。

離乳食は2度経験しましたが、その都度ネットで検索するよりも、手持ちの本で調べる方が圧倒的に早いです。

基礎から応用までおすすめの離乳食本を10冊紹介します。

マチ子
マチ子

マニュアル的1冊があると安心ですよ

おすすめ離乳食本を真っ先に知りたい方は以下のボタンからどうぞ。▼

離乳食の本はいつから使う?

一般的に離乳食は、生後5ヶ月〜6ヶ月頃から始まります。離乳食本を使い始める時期も、その前後がおすすめです。

赤ちゃんの発達や食べることへの興味は、個人差があるものなので、赤ちゃんの様子を見ながらスタートします。

離乳食本は、離乳食スタート前に読むことで何が必要なのか考えたり、心の準備ができます。

離乳食開始後でも読むのが遅すぎたということはありません。

1歳〜1歳半頃、離乳完了の時期になると「幼児食」にステップアップします。

幼児食の本はこちらをご参考ください。▼

【2021年版】幼児食の本おすすめ10選!基本を知ると献立作りが楽になるよ 【2022年版】幼児食の本おすすめ10選|基本を知ると献立作りが楽になるよ

離乳食に必要な道具はこちらをご参考ください。▼

離乳食グッズ最低限必要な道具は6つだけ!おすすめ品と失敗談を公開 離乳食グッズ最低限必要な道具は6つだけ!おすすめ品と失敗談を公開

基本の進め方・レシピがわかるおすすめ離乳食の本

まずは離乳食の基本をおさえるために「これさえあればなんとかなる」おすすめ本7冊を紹介します。

最新! 初めての離乳食新百科

著者:太田百合子(監修)
出版社:ベネッセコーポレーション

最新! 初めての離乳食新百科』は、たまひよ特別編集の離乳食本です。

これ1冊で離乳食に必要な情報が全てわかるので、はじめの1冊としておすすめ。

たまひよの編集長が授乳・離乳の支援ガイドを決めるメンバーである方なので、情報の信頼性が高いと感じました。

厚生労働省『授乳・離乳の支援ガイド2019年改訂版』にも対応しています。


出典:最新! 初めての離乳食新百科

食材の大きさが写真でわかりやすく示してあります。

この本の内容▼

  • 初めての離乳食のきほん
  • 離乳時期別進め方
  • 食材別献立・レシピ
  • フリージング・時短テクニック

離乳食の始まりから完了までの基本が網羅されています。

便利な綴じ込み付録付き▼

  • 離乳時期別 初めて食べた日チェック欄
  • 食べていいもの・まだダメなもの 食材一覧表

重くて分厚い離乳食本が多い中、さっと調べやすいミニサイズバージョンがあるのも嬉しいです。(価格は同じ)

マチ子
マチ子

離乳食を始めるにあたってこれさえあれば安心できる1冊!

ミニサイズ版

はじめてママ&パパの離乳食

著者:上田玲子(監修)
出版社:主婦の友社

2度の離乳食で大活躍したのが『はじめてママ&パパの離乳食』。

書店の離乳食本コーナーに必ず置いてある、人気No.1の離乳食本です

離乳食に関する基本情報が網羅されており、かつ整理されているので欲しい情報を探しやすいです。

惜しい点は、2015年出版と情報が少し古く『授乳・離乳支援ガイド2019年改訂版』に対応していないこと。

【改訂版変更点】

卵黄の開始時期が変更

2015年→生後7〜8ヶ月

2019年(改定版)→生後5〜6ヶ月

各期に名称がついた

離乳食初期・後期・中期・完了期など

卵黄を始める時期さえ注意すれば、その他の情報は全て正しい情報なので参考になります。

食材がフルカラー実寸大で示してあるのがわかりやすかったです。

おかゆの粒の大きさ、にんじん20gなどの量が、ぱっと見ただけで感覚的にわかります。

この本の内容▼

  • スタートのおかゆの作り方
  • 月齢別進め方
  • 食材別レシピ・献立例
  • フリージング方法
  • 取り分け方法
  • 栄養バランスについて
  • 食物アレルギーについて

離乳食の始まりから完了までの基本が網羅されています。

切り離し可能な一覧表付き。

スーパーで買える身近な食材がメインです。

マチ子
マチ子

たまひよだけだと心配。別の出版社の本にも興味がある!という方におすすめ。

授乳・離乳支援ガイド2019年改訂版対応の同シリーズが出ました!▼

忙しいママ&パパのための フリージング離乳食

著者:太田百合子(監修)
出版社:ベネッセコーポレーション

忙しいママ&パパのための フリージング離乳食』は、離乳食にフリージング(冷凍ストック)を取り入れ、調理の時短・負担軽減を目指す本です。

離乳食作りにおいてフリージングは必要不可欠です。

理由は以下の通り。

  • 離乳食初期は1回あたりの食べさせる量が少ない
  • 冷凍することで日持ちする
  • 食費・時間の負担が減る
  • 解凍するだけなら誰でも離乳食を与えられる

もちろん毎回新しいものを作ってもよいのですが、育児で忙しかったり、食べてくれない日もあったりするので、フリージングを活用した方が負担が少ないんです。

フリージング冷凍した離乳食

正しいストック方法と1週間分のストックレシピが学べます。

本と一緒に「リッチェルフリージングトレイ」も重宝しましたよ。

初めてママ&パパのための365日の離乳食カレンダー

この本の基本情報

著者:太田百合子(監修)
出版社:ベネッセコーポレーション

初めてママ&パパのための365日の離乳食カレンダー』は、SNS上でこれは便利!と話題になった、たまひよのムック本です。

初めてだと毎回調べることも多い離乳食。

「もういっそ365日、何を食べさせるか決めてくれたらいいのに…」

そんなパパママの想いに答えた1冊です。離乳食初期から使えます。

本の通りに(時にはずらしながら)作るだけで、栄養バランスの整った献立が完成!

マチ子
マチ子

たまひよ(雑誌)の特集を見損ねた方におすすめです

和の離乳食 本物の味を赤ちゃんから

著者:野崎洋光
出版社:NHK出版

塩分を添加せずとも、食材にうまみをプラスできる和食の基本「お出汁」は離乳食でも使えます。

和の離乳食 本物の味を赤ちゃんから』は、離乳食のだしの取り方・大人から取り分けられる和食レシピが紹介されています。

和食が多い家庭だと、だしの味を好んでくれると後々助かるんですよね。

一から取るのは難しいイメージもありますが、手軽な出汁パックを使えば簡単です。

マチ子
マチ子

おかゆを食べてくれない娘が、だしで煮込んだおかゆをパクパク食べてくれたときは感動したな〜

離乳食におすすめだしパックの記事はこちら

離乳食だしパックおすすめランキング|幼児食まで美味しいお出汁を厳選 【2022年版】離乳食だしパックおすすめランキング|幼児食まで使える市販のお出汁を厳選

食べることが好きになる離乳食

著者:100本のスプーン(監修)
出版社:KADOKAWA

「100本のスプーン」は、子連れに人気な関東・関西にあるレストランです。

100本のスプーンのパパシェフが監修したレシピ本が『食べることが好きになる離乳食』です。

100本のスプーンでがっつく我が子(笑)

100本のスプーンは我が家も利用したことがありますが、本当に子供がよく食べるんですよね。

このレシピ本を読むと

  • 野菜別レシピ(離乳食初期〜)
  • 旬の食材の取り入れ方
  • 食事の時間を楽しくするアイデア

離乳食を美味しく作るための独自の工夫がわかります。納得できるアイデアも多かったです。

絵本のような綺麗な装丁も好みで、離乳食作りのモチベーションがUPしました。

マチ子
マチ子

野菜が苦手な赤ちゃんにおすすめ

世界一簡単な赤ちゃんごはん 離乳食の手間、困ったがなくなる!!

著者:宗祥子
出版社:主婦と生活社

世界一簡単な赤ちゃんごはん 離乳食の手間、困ったがなくなる!!』は助産院の院長さんによるレシピ本です。

「離乳食と大人のごはんを一緒に作れたら楽なのに…」そう感じたとき、取り入れました。

カフェごはんのような色とりどりで美味しそうな献立は食欲をそそります。

薄味の献立にすることで、食卓で取り分けて、そのままあげられるのが嬉しい!

疑問や悩みを解決するおすすめ離乳食の本

離乳食を始めると…

  • 離乳食本通りに進まない
  • 手作りしたのに食べてくれない
  • アレルギーが心配

などの悩みにぶつかるかもしれません。

マチ子
マチ子

実際、私も1人目の時はいっぱいいっぱいになっていました…

そんな離乳食の疑問や悩みに寄り添ってくれる3冊を紹介します。

小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいんです。

著者:工藤紀子
出版社:時事通信社

小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいんです。』は、小児科医師である工藤紀子先生による著書で、離乳食に市販のベビーフードを取り入れることを推奨しています。

離乳食に市販品を取り入れるメリットがわかりやすく解説されています。

市販品に頼ることが手抜き・愛情不足では全くないと再認識できました。

頑張って離乳食を作ろうと思っている人にこそ、おすすめしたい1冊です。

マチ子
マチ子

離乳食は手作りしなくてもOK!

工藤紀子先生監修「カインデスト」のベビーフードを食べてみた▼

カインデストの口コミ|宅配離乳食を1年続けてわかったリアルな感想 カインデストの口コミ|宅配離乳食を1年続けてわかったリアルな感想

赤ちゃんのための補完食入門

著者:相川晴・川口由美子(監修)
出版社:彩図社

「補完食」は、WHOが提唱する科学的根拠に基づいた赤ちゃんの成長に必要な栄養を補う食事のことです。

日本の「離乳食」と同じ意味で捉えてOKですが、進め方には以下のような異なる点があります。

【離乳食と補完食の異なる例】

離乳食→月齢を目安に1回食、2回食と増やしていく

補完食→最初から2回食でスタート

離乳食→色々な食材(栄養)を満遍なく取る

補完食→鉄不足を補うために離乳食初期から肉や魚を与える

赤ちゃんのための補完食入門』では、科学的根拠や論文を挙げ、補完食のことがわかりやすく解説されています。

  • 離乳食と補完食のちがい
  • 口腔機能の発達に応じた進め方のコツ
  • 鉄をはじめとした補完すべき栄養
  • 日本で補完食を実践する方法
  • 食材の選び方やレシピ(レシピは少なめです。)

これらが学べます。

マチ子
マチ子

世界の基準を知ると、堅苦しかった離乳食の見え方が変わりました

改訂版 食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食

著者:伊藤浩明・上田玲子(監修)
出版社:主婦の友社

食物アレルギーを専門に扱った本は『改訂版 食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食』がおすすめ。

一般的な離乳食の本は、食物アレルギーについて深く掘り下げられていないことが多いです。

卵・乳・小麦の進め方は、知識が不十分だったとき非常に恐かったことを覚えています。

でも、理解さえすれば恐くないんですよね。

食物アレルギーを恐れず、離乳食を進めるための最新情報がわかりやすく解説されています。

離乳食の本で基本の進め方とフリージングをおさえよう

おすすめ離乳食本を10選紹介しました。

離乳食は基本の進め方さえ、おさえれば意外と難しくありません。

作る人の負担を軽減させるためにフリージングも活用したいところ。

離乳食期はあれこれ試行錯誤しているうちにあっという間に過ぎていきます。

顔面におかゆを吹き飛ばされたのも良い思い出。笑

赤ちゃんがごはんを食べる可愛い姿をぜひ楽しんでくださいね。

最低限必要な離乳食グッズ6選▼

離乳食グッズ最低限必要な道具は6つだけ!おすすめ品と失敗談を公開 離乳食グッズ最低限必要な道具は6つだけ!おすすめ品と失敗談を公開

おすすめ幼児食の本▼

【2021年版】幼児食の本おすすめ10選!基本を知ると献立作りが楽になるよ 【2022年版】幼児食の本おすすめ10選|基本を知ると献立作りが楽になるよ 離乳食だしパックおすすめランキング|幼児食まで美味しいお出汁を厳選 【2022年版】離乳食だしパックおすすめランキング|幼児食まで使える市販のお出汁を厳選 【2022年版】ベネッセ無料プレゼント|離乳食グッズがもらえるキャンペーンや応募方法をまとめたよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA